一部のドローンは無線免許が必要です

通称FPVやマイクロドローンと言われるドローンは無線免許必要

ドローンには様々な種類があり、ドローンレースや室内撮影などで使用されるドローンは5GHz帯を使うケースが大半です。これは映像の伝送スピードを上げるために使用され、これら機体を飛行させるには航空法などの制限に加え「アマチュア無線4級」以上、ビジネス用途では「第三級陸上特殊無線技士」が必要となっています。

両方とも国家試験を受ける必要がありますが、アマチュア無線4級は小学生でも取得できます。対策本を読めば合格できると思います。一方、第三級陸上特殊無線技士は講習会などの参加して取得することをおすすめします。

マイクロドローンも一緒です

海外では「TinyWhoop」とか呼ばれている。大きさ数センチ、重さ20グラム程度のちっちゃい機体にFPV用のカメラを搭載しててプロペラガードも装備。

ただし、映像伝送の電波は5.8GHz帯を使っているため、日本ではそのまま使うと電波法違反となるため5.8GHzの開局申請をして合法的に使えるようにする必要があります。

 

開局申請は?

1.アマチュア無線4級を取得(持ってる人はもちろん省略可)
2.JARDやTSSなどの保証機関から保証証明を発行してもらう
3.総務省へ開局申請する
の3ステップとなります。
技適が無い海外製品は、保証証明を受ける必要があるんですね。
できれば技適製品を購入するのが望ましいです。
これの保証依頼をJARDやTSSに出すのですが、この書類を作るのに総務省の電子申請システムを使います。

開局申請の方法は検索するとたくさん出てきますので、それらサイトをご覧ください。
もしくはFPV専門の販売店にご相談することをおすすめします。
皆さんが一般的に思うドローンとはちょっと違うのです。

error: Content is protected !!